« 斬りピン礼賛 実践編 | トップページ | シベ2010/03/20 »

2010年3月19日 (金)

シベリンの育成の基本

まず、作る前に知っておきたいこと。
・シベは狩り火力特化キャラであり対人などには全く向きません。
むしろイイ鴨ですorz
・単体攻撃の火力も範囲攻撃の火力も優れていて、両方がトップクラスですがどちらもトップにするには厳しいです。
ただ、lv140位まで限定ならトップを狙えるかもしれません。
・狩り効率は範囲も単体も火力がでるので常にある程度以上の良い効率で狩れます。
・バーサクの影響で被ダメが多く事故死の多いキャラでHPPOT消費が多いです。
シベリンはPOTをケチッてはいけません。
・バーサクの影響で被ダメが多いのでソロではいけない狩場があります。
Lv200以降多少狩場の選択肢が狭いです。
・再振りを定期的にしないとXAの確保が困難なキャラです。
・槍はかなりの長ディレイ、棒は少し長ディレイとなりスキル連射には向かないキャラです。指が疲れにくい代わりにもっさりとした操作感が強いでしょう。
・武器は安く調達できますがナックルの相場が高いので装備にかかる金額は並か並よりわずかに安い程度でしょう。
まーシベリンは貧乏装備であっても火力はでます。
・09年のスキル仕様変更によりlv200くらいになるとメイン範囲スキルの紅龍でコンボがつながりにくくなります。
槍か棒かの違いや装備QとステAの合計値、パソコンのスペック、プレーヤーの指のスペックで繋がりにくさは変わりますが長時間確実にコンボを繋げていくのは困難となるでしょう。

槍と棒の違い
昔はディレイが長いかわりに連突き(突き依存の単体攻撃)の威力が高い槍(突き武器)。
ディレイが少し短く紅龍(複合の範囲スキル)の威力が高い棒(複合武器)。
と住分けが出来ていました。
しかし、09年のスキル仕様変更により連突き以外の単体スキルである飛連(複合スキル)が大幅に強化されました。
よって、現在は範囲も単体も棒の方が火力がでる状況になっています。
しかし、飛連には長ディレイという欠点がありますので好みでは有りますがLv165ぐらいまでは棒装備でも連付きの方がいいように思います。
また、低Lvの時にはDEF型のが楽でありDEFで棒の装備条件を達成するのが厳しいのでLv104くらいまではDEF突き型の槍装備というのが未だにおすすめです。
Lv104くらいでA転向をすましてLv124までは槍と棒どっちがいいかは好みとなりますが、Lv125からは棒の方が楽となるでしょう。
以降基本的には棒の方がディレイが短く火力も高くなります。

が、
・165以降の槍と棒だと槍の方が圧倒的に安価。
つまり金がない場合は槍おすすめ。
・槍でも飛連の方が火力高かったりしますがあえて連突きの威力を求めたい場合は当然槍。
・ステAが180位になると紅龍のコンボがつながりにくくなります。
この時に槍の方が棒よりもつながりやすいです。
・槍の見た目が好き。
以上の理由で高lvでも槍を選択するのは有りです。

オススメタイプ
Lv104(109)くらいまでは突きタイプでDEF 槍装備が無難です。
Lv104(109)くらいまでで棒DEFをあえて選ぶなら斬りタイプがいいでしょう。
Lv105(110)以降もDEFを通すなら槍装備なら突きタイプ。
Lv105(110)以降の棒DEFはわかりかねます。
Lv105(110)以降にA転向するなら槍でも棒でも複合タイプがおすすめです。

ステータスの振り方
シベリンのメインスキル連突き・飛連・紅龍のうち飛連以外は命中性能が低いのでステXは割と必要なキャラとなります。

・低Lv槍DEF
XとFをできるだけ確保した上で武器装備条件ギリギリのステSをとります。
ステHは不要です。
基本的にXとF不足に悩まされるのでステ振りポイントが余ることはないでしょう。
武器はLv52まではLvに応じた武器を装備します。
Lv52以降はずっとLv52武器でいいでしょう。
資産に余裕が無い時以外はLv52武器を強化してSを6は上げたいところです。

・DEF卒業後のLv200くらいまでの槍A
武器装備ギリギリのステSにXとAを狩場に合わせて確保する。
ステFは鎧の装備条件が基本ですが装備条件がない場合は20から30程度でしょう。
20と30だと30の方が明らかに楽ですが30を大幅にこえてFをとってももともとバーサクで装甲面で不利なシベには無駄でしょう。
それでもステ振りポイントが余ったらお好みでSやHを伸ばしましょう。

・DEF卒業後のLv200くらいまでの棒A
武器装備ギリギリのSHに狩場に合わせたXAを確保する。
ステFは鎧の装備条件が基本ですが装備条件がない場合は20から30程度でしょう。
ステ振りポイントが余ったら高速化のためにSに振ります。

・Lv200以降
狩場次第ですが大抵は槍、棒の両刀ステが組めるようになってきます。

高Lv槍装備でH初期値の極Sステも組めますが突きキャラにおいてのステHはステSの半分では有りますが火力上昇に効果があります。
ディレイ面では極Sの方が有利ですが、ステSの4分の1から3分の1のステHをとった方が結果的には火力が上がります。
特に極Sだと紅龍の火力は大幅に落ちるでしょう。
さらにHPが低くなるといった弊害もあります。

高Lv棒装備なら迷わずステHは装備条件で残りはステSに振ることをお勧めします。

|

« 斬りピン礼賛 実践編 | トップページ | シベ2010/03/20 »

シベリン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346638/33844077

この記事へのトラックバック一覧です: シベリンの育成の基本:

« 斬りピン礼賛 実践編 | トップページ | シベ2010/03/20 »