« シベリンのスキル紹介 | トップページ | ピン育成の基本 »

2010年3月23日 (火)

テチのタイプについて

テチは補助回復スキルのほかに攻撃スキルも持っています。
で、中には攻撃はしないで補助回復専門で育てたいという方もいるでしょうがお勧めしません。
なぜなら現状のTWではPTで狩ることがあまり盛んでないからです。
Lv150から200くらいの補助回復専門テチが現在PT需要が高いのですが200以降需要がめっきり減りお勧めできませんし、最初から最後までソロでも狩りができるテチにした方がよいでしょう。

テチの大まかな分類
白テチ
補助回復スキルのほとんどと攻撃スキルのアイスミサイル・ファイアーボール・ホーリーボルト・オーロラウォールなどを習得したテチ。。
装備は聖杖となります。
ステータスは基本的にはI<Mとなります。
ステータスの振り方やスキルの選択次第では攻撃にも十分参加できますが基本的には低火力でソロで狩るならかなりの下級狩場限定になります。
しかし、このタイプは聖杖のディレイが短い上にステMRを伸ばしている関係で魔法の詠唱が短く魔法スキルを連射しやすくなります。
この低ディレイを利用して聖杖装備でステIや装備Iを確保し、補助回復目的でなく攻撃の快適さを追及する方もいます。とはいえ、白テチでステIを確保できるのは早くてもLv200。一般的にはLv240くらいでしょう。基本的にはLv220以下の白テチはソロではまともに狩りはできません。PT必須キャラとなるでしょう。

黒テチ
上位の攻撃スキルのほとんどを習得したテチ。つまりメガブレイズ・アイシングピアス・エレクトリックボールのLv4以上を習得したテチ。
補助回復スキルの取得には制限がつきます。
装備は魔杖も聖杖も装備可能ですが聖杖装備の黒テチはLv200以下では成立しないでしょう。
ステータスもI<MもありえますがLv200以下はまずI>Mとなるでしょう。
上位の攻撃スキルの攻撃力自体は確かに高いのですが、他のテチと違い自分にブレスをかけられないのでステータスの確保に苦しみます。その結果、高火力とはなりません。
自分にはブレスをかけられませんがPTメンバーにはブレスもかけられますし他の補助もできますのでPT不可でソロ特化というわけでもありません。

灰テチ
補助回復スキルのほとんどと攻撃スキルのアイスミサイル・ファイアーボール・ホーリーボルト・オーロラウォールなどを習得したテチ。。
装備は魔杖となります。
ステータスは基本的にはI>Mとなります。
つまりスキルのとり方は白テチとまったく一緒ですが魔杖を装備したタイプが灰テチとなります。
しかし、Lv220くらいにはステIとステMを同じくらい確保できるようになって聖杖も装備でき、ステータス上ではIを確保した白テチと灰テチの区別がつかなくなります。あくまでも魔杖装備というのがポイントです。
補助回復スキルの効果は白テチに劣りますが魔杖装備なので攻撃力が段違いになります。ソロ狩りを少しでもしたいのでしたら白テチより灰テチがいいでしょう。また、PTを組む際にも攻撃力のない白テチよりも攻撃も補助もできる灰テチを好む前衛も多いでしょう。現状では一番お勧めのタイプです。

姫テチ
白テチの派生タイプで攻撃スキルを使うことを完全放棄した補助回復特化のテチ。
あくまで個人的意見ですがPTを組むとサボりがちな人が多いように見えます。
ソロで狩ることは無理なのでPT必須です。

殴りテチ
物理攻撃スキルを選択したテチです。
装備は戦杖となります。
補助回復スキルは白や灰テチと同じように取ることができ補助回復をしながら物理攻撃をすることも可能です。
HPが他のテチよりも高くなりがちで硬いキャラとなります。
ただ、肝心の物理攻撃スキルに範囲スキルがなくネタタイプと言われています。

|

« シベリンのスキル紹介 | トップページ | ピン育成の基本 »

ティチエル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346638/33901143

この記事へのトラックバック一覧です: テチのタイプについて:

« シベリンのスキル紹介 | トップページ | ピン育成の基本 »