« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月26日 (木)

育成キャラ状況2010/08/26

最近、TWよりずっと長く続けてたけど少し停滞気味だった趣味が再燃してきた&実生活の方が忙しいので時間が取れずに更新怠けてました。が、TWプレイ自体は順調です。

イスピン
ネオテシス2のA52を誇る蒼穹魔道士服を入手できたのでそれに合わせて再振りしました。シミュより少しランダムが良くてS81 H237 F42 X207 A173というステになりました。再振り前のステはS77 H220 F42 X220 A184でペット迅速での影50F必中ステでした。今回はペット集中での影50F必中ステなので足が遅いです。。。でも、猫カートがあるんで足が多少遅くてもそんなには不都合はないんですがね。
Lv252にはH240になりそうなので楽しみです。

ミラ
サマーウィングイベでミラにはミカエルセットを取らせるつもりですが券がたまってく一方で消化していません。イベ終盤に地獄をみそうです。

ボリ
順調にLv102になりましたが。やはりFSの範囲が狭いのがマゾイですね。でも、大剣装備を維持しますが。

ルシ
たまに城に行く程度で特に育ってません。やはり単発範囲スキルは飽きますがな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

TWの計算機2010/08/06版

エクセルで作成したテイルズウィーバー用の計算機です。
主な機能は
・装備の補正合計の算出
・ディレイ計算(陣消し計算)
・与ダメ計算
・命中・回避計算
・上級グリッドと鬼哭の城三の丸の適正判定
・DPS計算機(テスト中)

Keisanki20100519
※SSは2010/05/19版

変更点
・今までの与ダメ期待値は命中100%前提の数値を出していましたが命中率も考慮するように変えました。


今分かってる不具合
・魔法のクリ率は未だに詳細不詳なので旧仕様で計算しています。対MOBでは旧仕様の計算のままで対人のみステIでクリUP等と言われてはいます。
・影塔MOBのステ計算でステSにかかる係数が1.2か1.3かイマイチ不明なところが有ります。この計算機は係数1.3にしてます。
・知人の強化ジョシュアさんに確認したところ一撃のダメージは
ステ 1.80×STAB+1.50×INT
装備 4.20×合計突き攻撃力+3.50×合計魔法攻撃力
の計算式では正しく計算できないので与ダメが正しくないとの報告を受けています。


というわけで興味があったらダウンロードして使ってみてください。
「100806.xls」をダウンロード

なおエクセルがインストールされてないと言う方は無料のマイクロソフトオフィス互換ソフト"オープンオフィス”を使えばこの計算機を使えます。
OpenOffice.org日本語プロジェクト


作成に際して
TaleWiki
各種キャラwiki
TW調査
TWxHolic
xlsTWcalc
TWしたらば雑談所2
などを参考に作成しています。

使用されたら感想・間違いの指摘などをお願いします。

再配布・改変などご自由に。

ウィルスチェック等は一応してありますがこのファイルで
何らかの不具合が起きたり不利益を被られたとしても当方は関知しません。
あくまで自己責任でお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

育成キャラ状況2010/08/05

斬りピン
ネオテシス2と城のEXPでついにLv250台に突入。ステはS77 H220 F42 X220 A184に。ミラとピンに同時に西遊記の魔王靴を用意するのが辛くてピン用に紅炎靴X4A4を調達。
現状ではペット集中なしで影50Fで狩れるステで育ててますがネオテシスのA52スーツが出たらペット集中有りで影50Fで狩れるように再フリし直そうかと思ってます。散花舞強化でハゼでクリなし1.6kが出るようになりました。
ミラ
特に変更なくLv247に。
ルシ
Lv185とあんまり狩りに熱心じゃない様子。が、装備中の強化フォセに中刃アビと疾風アビを付与。あんまり変わった気がしませんが。。。。
魔剣ボリ
現在Lv66でウィンキ帽子とI14ダイリンなど装備中。で、I64メトゥラシエン・H19ラグランジュナックル・聖羽などを今から装備するものとして調達。真魔じゃなくて魔剣ボリとして育成予定なんですがウィンキとかダイリンとかI強化メトゥラとかなんか揃えるべきものが違う気がします。ここはいっそクリムマジック強化のP護符に行くべきでしょうか。。。
テチ
そのうち狩り黒テチに変えるかも。
シベ
装備処分したのでキャラ強化の恩恵に預かれず。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »