TWの各種情報

2010年7月22日 (木)

シベ・斬りピンの強化が来るか?

pito's韓国先取りより
http://pitoskankoku.blog42.fc2.com/

韓国の公開テストで以下の修正がされるようです。
シベ
・バーサクのダメ上昇量UPと移動中も上昇機能追加
・ハードスキンが魔法にも適用
・槍先行のランダムUPがHからXに変更
・投龍に麻痺効果付与
ピン
・散花舞の攻撃力UP
・治癒術の回復量UP
・御剣術の攻撃力UP
のようです。

シベの場合はバーサクのダメ上昇効果向上は理解できるんですが移動中も上昇機能追加ってなんでしょうか?まさか移動速度UP?
ピンの場合は散花舞の攻撃力増加ということですが、現在ダメージ倍率110%の4段攻撃でクリ時に225%となってます。これが例えばダメージ倍率120%になったりクリ時250%になるだけでも相当な火力UPになると思います。その代わりにスキルディレイや範囲の広さなどが修正される可能性もあるもののそれらが維持された上でダメージ倍率やクリ時の増加倍率が強化されれば、24x24という広さも考慮すると多段スキル最強になるって可能性もなくはないような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

ハゼの殲滅時間計測その8

 影塔34Fの巫女ハゼ相手に通常と範囲スキルのコンボで倒すタイムを動画で録画して測りました。条件は通常攻撃と範囲スキルのコンボのみで一般的に狩りで使う補助スキルを使用してます。タイムは結構アバウトです。狩場の重さやコンボのつながり具合でスコアがかなり変動してます。タイム計測は2回以上行うようにしています。

Lv176長剣ルシ(自キャラ)
ステS82 H67 X193 A181
装備S114 H132 Q27 C33から37
SHXAの秘薬使用・神速剣・ペット集中・ペット強打
26秒 23秒
X秘薬有りでも多少ミスが出てるのが低lvの悲しいところですが30秒を切ったタイムなのは悪く無いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

ハゼの殲滅時間計測その7

影34Fの巫女ハゼ相手に通常と範囲スキルのコンボで倒すタイムの計測ですがディレイ仕様変更後に久しぶりに計りましたが自キャラ以外の計測時にステや装備をちゃんと聞いていなかったので自キャラのタイムを中心に扱っていこうかと思います。

再計測・Lv249斬りピン(自キャラ)
ブレス無しステS77 H218 X220 A184
装備S63 H177 Q32 C35
ブレス有り・ペット強打・トラエモ
18秒 17秒

仕様変更前のLv247時のタイムが20秒でしたのでタイムは一応短縮できてます。
ただし仕様変更後に再振りと装備の変更をしていますので同じ条件とは言いがたいです。
ちなみにその時の条件が
ブレ込みステS155 H176 X258 A200
装備S60 H165 Q32 C38
ペット強打・トラエモなし
装備Hが12も変わってるのでステ仕様の変更というより装備のおかげという気もします。
ただ、この18秒・17秒というタイムは並の物理ランジを凌ぐタイムかと思いますので斬りピンの範囲火力も捨てたもんじゃないと思います。


再計測・Lv246鞭ミラ(自キャラ)
ステS79 H217 X228 A186
装備S73 H168 Q28 C37
気合・ペット強打・トラエモ
14秒 15秒

仕様変更前が17秒でしたのでだいぶ早くなりました。
が、前回の計測時のLvは231でしたのでだいぶ条件が違います。
その時の条件が
ステS126 H136 X239 A187
装備S69 H152 Q21 C38 モナ鞭ディレイ70%
気合・ペット強打・トラエモなし
17秒 20秒


再計測・Lv248クレイドマキシ
クレイドソードで陣消しになるように仕様変更後にサイフリした模様
トラエモ使用
19秒 20秒
仕様変更前は25秒だった方
装備は結構変えた模様


Lv230?モナビナヤ
手裏剣ステの為スキルのみ使用
29秒 34秒


再計測・Lv252?ボリ
覚醒済み・盟約・トラエモ
15秒 13秒
仕様変更前は15秒と19秒だった方


再計測・Lv230?強化ジョシュ
アタッカー
26秒
仕様変更前は30秒だった方
装備は多少変わった模様


Lv250ナヤ
ステS185 H104 X213 A225
装備: S125 H124 C41
ペット会心
手裏剣ステの為スキルのみ使用
17秒 17秒


再計測・Lv250?ボリ
S90 H160 X242 A214
装備 S81 H183 Q21 C35?
集中 強打 盟約 覚醒 トラエモ
16秒 15秒
仕様変更前は20秒だった方


基本的には再計測の方は前回に比べてLvが上がったり装備が良くなったりしてるので早くなってました。
マキシ・ボリスのタイム短縮幅は結構大きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

仕様変更後にシベ・ピン・ミラを動かした感想。

3キャラともLv240前後ですが再振りをしたのはピンとミラです。

シベ
シベは槍装備で仕様変更以前から槍での高速化を目指しステSを200ちょい確保していました。さらにHも80を確保していたのでFは低めの20でした。XAは多分、牛ソロで必要なXAと似ていると推測される影45F用に抑えていました。
仕様変更後再振りなしでしばらく動かしていましたが鬼哭の城などでは紅龍が陣消し一歩手前までの速さになっていて快適でした。が、ソロで魔法の沼2・影ハゼ・影45Fなどにいくと死にそうになることが頻繁で厳しかったです。。。さらに、テチとの公平で影55Fに行っても耐久力が足らずに厳しい印象が強かったです。そして決め手になったのが西遊記の牛ソロでした。充電Pや秘薬に加え退魔師を常時使用した上でも3回も気絶して、雑煮を3個も消費して牛を倒した結果、もうイヤだと。。。当然、Aが足りなくて被弾していたのもあるでしょうが被弾増加に追い討ちをかけるように紙装甲とバーサクでの被ダメUPがマイナスに働いています。ステF40↑にしっかりした回避装備、さらにステ確保が難しくなるので槍1本ではきつく、棒1本か2刀流が必要になってきそうです。私のシベは西遊記の牛討伐用でもあったのでここまでの変更を強いられると対応が難しいです。

ピン
斬りピンは陣消しハードルの大幅低下とステHによる命中UPで恩恵を受けています。突きピンはステSによる命中大幅UPでこれも恩恵を受けています。さらにピンはブレスがあるので影塔の上層で必要Aが増えたとしてもステータスの確保は楽なキャラといえるでしょう。残念ながら長剣ピンは命中UPの恩恵がなく陣消しが楽になったとしても不遇なままなように感じます。
斬りピンについてですが、ステS80程度H200程度X220程度というステでも陣消しが可能なのでステHで火力をあげても攻撃速度は早くなりました。しかし、同程度の装備なら突きピンのが未だにモーションの短さでスキルの回転率がよく、上位狩場では突きピンの方が火力が高いかと思います。が、前々からいわれていたことですがある程度の格下MOBを乱獲するような状況、、、具体的に言うと鬼哭の城などでは斬りピンが有利でしょう。より有利になったと言ってもいいかもしれません。陣消しが楽になれば範囲が横にも広く、4段スキルでクリカンの壁が実質無い散花舞のほうがカウンタースピアよりも柔らかいMON相手では強いと言っちゃってかまわないかと思います。
少なくとも斬りピンはステ組が難しいとかメギ爆↑がないと高Lvになっても遅いとか言うこともなくなりましたので突きピンじゃなく斬りピンを選ぶのも有り!って言える状況にはなったように思います。

ミラ
ミッドナイトが高騰しています!連接棍で陣消しも高Lvなら可能になったからですね。でも、メギケーラかミッドナイトでないと連接棍で陣消しのハードルは依然と高いので、主流は鞭ミラってのは変わらないかと思います。
それよりも鞭ミラでうれしい現象がおきました。ミラの主要スキルのうちカードとクレージーではカードの命中が高くてクレージーは命中が低くなってます。仕様変更前はたいていの人が命中の低いクレージーがMOBにもあたる様にステータスを組んでいましたが、仕様変更後はステHでHスキルの命中が上がりますのでステータス次第ではカードとクレージーを両方当てる為の必要Xを同じくらいにすることも可能となります。これは無駄のないステ組みつながるので鞭ミラには良い仕様変更かと思います。
ちなみに、スーツ装備のミラも仕様変更で被ダメが痛くなったと言われていますが、自キャラの槍シベに比べると回避に必要なAを取っても陣消しは余裕で維持できますし特に扱いにくさは感じていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

とりあえず、アプデ後のTWにINしてきた訳ですが

248斬りピンでハゼ・虫ともに特に狩りが辛いって感じは受けなかったですね。散花舞は予想通りの陣消しでした。ステSHの物理スキルの命中UPはまだ分からないですね。
246槍シベは陣消し寸前状態になって紅龍も飛連もサクサクと打てて快適ですね。
まー、詳しいことは今後分かるかと思います。計算機はディレイ計算は多分韓国仕様のを当てはめて問題ないとは思いますが、命中回避・魔法のクリ率に関してはしたらばなどでの報告が多くなるまで待とうかと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

物理キャラの西遊記BOSSへの与ダメについて一考

日曜日に久しぶりにシベで西遊記の牛魔王までソロで行きました。
装備S187 H84 F110 M38 X26 A63 Q21 C45  ステS201 H83 F20 X236 A187  河童神の涙+虎エモ+充電P大を使用、充電Pが10分で切れるので切れたらSとFの秘薬を使用。これで牛魔王15分で討伐完了でした。
この時に録画をしていて西遊記BOSSのおおよそのDEFが推測できたんで掲載してみます。
結果、河童はDEF300くらい 豚は350くらい 猿は410くらい 牛は470くらい
±10位は誤差はありそうですが牛硬っ!
ちなみに影塔50FのポセイロンのFが推定248~250なんで牛は倍近いFです。


と牛の硬さを理解してもらったところで物理ダメージの計算について紹介します。

ダメージ=[(真の攻撃力-相手の防御力)×スキルのダメージ倍率]
が式です。
式の中身の用語を解説すると

・真の攻撃力=[ステ攻撃力+装備攻撃力]+攻撃力ボーナス

・ステ攻撃力は以下
S依存スキルの場合のステ攻撃力=2.10×STAB+1.08×HACK
H依存スキルの場合のステ攻撃力=1.08×STAB+2.10×HACK
SH依存スキルの場合のステ攻撃力=1.65×STAB+1.65×HACK

・装備攻撃力は以下
S依存スキルの場合の装備攻撃力=6.67×合計突き攻撃力+1.00×合計斬り攻撃力
H依存スキルの場合の装備攻撃力=1.00×合計突き攻撃力+6.67×合計斬り攻撃力
SH依存スキルの場合の装備攻撃力=4.20×合計突き攻撃力+4.20×合計斬り攻撃力

・攻撃力ボーナスとは同じMOBを攻撃しても与ダメに幅ができる原因がこれです。
攻撃力ボーナス=[1~最大のボーナス]
最大ボーナス=[(ステ攻撃力+3×DEX)÷18]+1

・物理の場合の相手の防御力=3xステ装備DEF

はい、いまいち分かりにくいかもしれませんが、これが何を意味するのかと言うと
物理複合キャラは装備S100とステS100のSキャラや装備H100とステH100のHキャラと比較すると
装備SH159とステSH127がないと同じ真の攻撃力は確保できない。
と言うことになります。厳密にはSキャラの装備HとステHやHキャラの装備SとステSも関係してきますが話がややこしくなるので除外してます。
つまり、SキャラやHキャラのほうが真の攻撃力を上げやすいって事になります。

次に真の攻撃力と相手の防御力の関係についてみてみたいと思います。
ダメージ=[(真の攻撃力-相手の防御力)×スキルのダメージ倍率]
と既に書きましたが、一例として真の攻撃力が12と10の場合、相手の防御力が0・4・8の3通りの場合、スキルダメージ倍率は100とした場合の与ダメを考えてみます。

(10-0)x100=1000
(12-0)x100=1200 (10-0)x100=1000の1.2倍のダメージ
(10-4)x100=600
(12-4)x100=800 (10-4)x100=600の1.33倍のダメージ
(10-8)x100=200
(12-8)x100=400 (10-8)x100=200の2倍のダメージ

つまり、相手の防御力が高ければ高いほど真の攻撃力の差が響いてしまうって事になります。

この2点から物理キャラの場合、"硬い敵にはSHスキルは不利である。"ってことが分かります。ついでに、硬い敵ほど装備・ステの差が出るともいえますね。


具体例として
装備S68 H151 ステS129 H138の鞭ミラはH攻撃力1504.29 SH攻撃力1360.35となります。H攻撃力がSH攻撃力の約1.1倍ですね。鞭ミラなんでSHよりHの攻撃力が高いのは妥当ですね。このミラが使うスキルがSH依存のカードスプレー(ダメージ倍率109x10=1090)とH依存のクレージーヴァイパー(ダメージ倍率125x4=500)となります。スキルダメージ倍率ではカードがクレージーの実に倍であることが分かります。

で、影塔50Fのポセイロン(推定F248)が相手の場合、コンボありクリなしの場合の与ダメ期待値は
カードが約9415ダメージ
クレージーが約5188ダメージ
となり、ポセイロンの防御力だとまだまだスキルのダメージ倍率の差が大きいことが分かります。

では牛魔王(推定F470?)だとどうなるでしょうか
カードが約1430ダメージ
クレージーが約1524ダメージ
となり、カードとクレージーの与ダメが逆転してしまいます。倍の差があるスキルダメージ倍率よりも僅か1.1倍の攻撃力の差が大きいことがわかります。
当然、スキルクリ率・クリ倍率・ディレイやスキルモーションの長さは考慮してませんので鞭ミラなら牛魔王にはカードよりクレージーがいいとは言いません。が、今から物理キャラで牛魔王(硬いキャラMOB)を目指すのならSH複合スキルが不利なことは知っておいて損はないかと思います。まー、そもそも魔法キャラを作った方がいいんでしょうが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

公開テストサーバのHディレイ減少と武器に関して

今日書いたミラの記事でもテストサバで試験導入中の物理キャラのディレイ仕様変更について書きましたが、長ディレイに悩まされていた武器も今後のディレイ仕様変更で大分早くなることは確実でしょう。しかし、勘違いすると危険です。武器ディレイが100%を越える武器はやはり陣消しまで可能にするには相当なLvが必要なのは変わりがないです。陣消しまでの速さを求めなくても太刀マキシ・連接ミラなどをLv1から255まで突き通すのはやはりきついでしょう。
また、武器の相場の変化に注目してる人もいるかと思いますが、ディレイの関係で太刀・連接棍・槍・長剣の215とメギは人気が上がるでしょうが175以下はやはり刀・鞭・棒・細剣に人気が集まるでしょう。神速剣があってディレイの短い飛連波を使うルシアンでさえ175長剣だと疾風アビにステS213H67X230 装備Q25がないと飛連波は陣消し出来そうにありません。これは結構きつい条件だと思います。Oアマ以下の軽鎧装備だとステAの確保がきつく狩場次第ではLv250でも達成できるのか微妙なところです。
逆に刀だと175以下の刀とメギ・215刀を比較すると仕様変更後は、疾風付きサイフフラド ステS160 H145 X190 Q25で陣消し爆を打てるので、強化成功サイフフラドと強化失敗メギ爆だとサイフフラドでもいいって感じる人も出てくるかと思います。斬りピンの散花舞にいたっては疾風付きサイフフラドでS108 H145 X205 Q25で陣消しに出来るので馬鹿高い強化失敗メギ爆より遥かに安い強化成功サイフフラドで十分と捕らえる人が多くなるんじゃないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

公開テストサーバの仕様変更で現状わかっていることのまとめ

公開テストサバでの仕様変更についてだが現在分かっていることをまとめてみた。
主なソースはしたらばの書き込み。一応自分でもテスト鯖でLv51キャラを複数作り試したがまともな装備もないうえに、高Lvじゃないとステの効果が出にくいのでしたらば情報の補強くらいにしか役立ってない。

信じても大丈夫そう
・回避上限90%→85%
・ステF1で物理回避ポイント0.2
・ステM1で魔法回避ポイント0.2
・ステA1及び装備A1の回避ポイントは変わらず1.2
・ステHでもディレイが減る
30× 武器ディレイ - 5×STAB + HACK - 6× DEX - 6×合計敏捷度補正
から
30× 武器ディレイ - 6×STAB - 2XHACK - 6× DEX - 6×合計敏捷度補正
・ステFを手振りしたときのHP上昇量が増大40→60

信じても大丈夫そうだが効果が不確
・ステS1でSスキルの命中ポイント0.1or0.05 (どの程度命中が上がってるか曖昧)
・ステH1でHスキルの命中ポイント0.1or0.05 (どの程度命中が上がってるか曖昧)
・ステS1/H1でSHスキルの命中ポイント0.1or0.05 (どの程度命中が上がってるか曖昧)

情報不足
・ステIによる魔法のクリ率UP (情報が少なく、どの程度クリ上昇に貢献してるか不明)
・MOBにもステ仕様変更が適用されているかどうか
・MOBにのみXAの低下が適用されるかどうか
・ステFで物理クリ回避UP、ステMで魔法クリ回避UP
・ステFの物理ダメージ減少効果の強化
・ステAの魔法クリ回避効果の削除
・ステAによる魔法回避性能の低下

ガセ情報?
・ステA1及び装備A1の回避ポイントは1.2から1に減少
・シルバースカル内では回避ポイントが全キャラ マイナス50


以上の変更から予想されること
狩り
・基本的には狩りでの必要Aはさほど変わらない。しかし、細かく見て行くとステFMがともに30以下程度ならそんなに回避には影響しないが魔法キャラが高速化の為にMR100以上とってるような場合は魔法MOBの攻撃を明らかに避けやすくなる。
・必要XはMOBの仕様変更の有無に加え、ステS/Hの命中上昇効果を0.1とするか0.05とするかで結果は変わるが、MOB仕様変更ありで命中上昇効果0.05なら物理SキャラとHキャラはステS(H)125を確保していれば影のハゼでの必要DEXは変わらない。物理複合キャラはステSH112を確保していれば影のハゼでの必要Xは変わらない。魔法は必要Xが60ほど足りなくなりそう。うーん、MOBの仕様変更無しかMOBXAの低下が適用、ステAによる魔法回避性能の低下などの適用がないと魔法キャラの狩りはつんでしまいそうな雰囲気がある。どちらにせよ対人ではなく対MOBなら物理キャラのDEX優遇が大きくて魔キャラは今まで以上にあたらないキャラになりそう。
・長ディレイに悩まされてた物理キャラがディレイ仕様変更でスキルの回転率が大幅に向上する。太刀マキボリ・刀マキボリ・長剣ルシ・長剣ピン・刀ピン・鞭ミラ・連接ミラ・棒シベ・槍シベは大幅な強化といっていい。
対人
・回避上限が90%→85%になるので回避キャラは一律ハンデを負う。がステA1の回避ポイントは変わらず1.2なのでFMやFMXが主流になるかは微妙なところ。
・物理スキル(特に物理複合)の命中UPに比べて魔法スキルは命中UPなしなので魔法は相対的に当たりにくくなる?またステMRで魔法回避が上がるので、ステIもステMRもとったAGI型魔法キャラ対AGI型魔法キャラはお互いの攻撃がスカスカと空振りしまくりになるんじゃなかろうか?
・魔法は命中面で不利になるがステMRのない対物理キャラ相手だとクリを出しやすくなるかもしれない。
・シルバースカル内では回復を満足に行えるのはテチのみ


うーん、狩りでは物理キャラが大幅強化で魔法キャラはDEXに苦しみそう。対人はどうだろう。要塞なんかはテチでよく行くがDOPなどは殆ど行かないのでどうなるか予想が付かない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

テスト鯖のディレイ仕様変更で槍シベははじまるか?

まず、過去の記事でも触れた通り現状のシベは槍でも棒でも単体は連突きより飛連の方が強く、範囲は投龍より紅龍が強いです。つまり、複合スキルが強いので棒シベの方が武器の補正で有利なわけです。

で、武器の未合成MAXのSH補正合計ですが
215棒=188
215槍=173 (215棒より15低い/190棒より2高い)
190棒=171
190槍=159 (165棒より4低い)
175棒=167
175槍=152
165棒=163
165槍=148
となっていまして、215槍は下手な棒よりSH補正が高く、190槍もそれなりのSH補正を持っていることになります。

では計算機で影の巫女ハゼ(Lv224)相手に紅龍でどれだけの与ダメになるか計算してみます。
シミュレーションキャラは
ステS201 H83 F20 X236 A187(自分の246シベのステ)
武器以外の装備S57 H32 F97 X16 A56 Q15 C37
武器は全て未合成MAXのSH補正にQ最低 C最高とします。疾風アビは槍のみ有りとします。
バーサク有りです。

215棒で紅龍
コンボ有り、クリ含む与ダメ期待値=11806
ディレイ=0.1s
コンボ無し、クリ含む与ダメ期待値=10732

215槍で紅龍
コンボ有り、クリ含む与ダメ期待値=11058
ディレイ=0.14s
コンボ無し、クリ含む与ダメ期待値=10053

190棒で紅龍
コンボ有り、クリ含む与ダメ期待値=10887
ディレイ=0.1s
コンボ無し、クリ含む与ダメ期待値=9897

190槍で紅龍
コンボ有り、クリ含む与ダメ期待値=10359
ディレイ=0.14s
コンボ無し、クリ含む与ダメ期待値=9417

175棒で紅龍
コンボ有り、クリ含む与ダメ期待値=10614
ディレイ=0.1s
コンボ無し、クリ含む与ダメ期待値=9649

175槍で紅龍
コンボ有り、クリ含む与ダメ期待値=9940
ディレイ=0.18s
コンボ無し、クリ含む与ダメ期待値=9036

165棒で紅龍
コンボ有り、クリ含む与ダメ期待値=10415
ディレイ=0.11s
コンボ無し、クリ含む与ダメ期待値=9468

165槍で紅龍
コンボ有り、クリ含む与ダメ期待値=9745
ディレイ=0.18s
コンボ無し、クリ含む与ダメ期待値=8859

はいコンボが繋がってるなら215棒の火力が一番高いです。当然ですね。ただし、後ディレイの関係で棒のコンボがつながらず槍がつながるなら215槍の火力が一番高くなり、215棒に190槍が肉薄します。紅龍のコンボはディレイ100%の槍でも10セット以上つなげるのには集中力がいります。ディレイ95%の棒でどのくらいコンボを繋げられるかが鍵ですね。ちなみに、昨年の紅龍仕様変更時はステA200で疾風突きのディレイ90%175棒を持っていて、その時は適当にクリックしてるとほぼコンボはつながりませんでした。と、知り合いからアビなし175棒を借りることができたので少し使ってみましたが、やはり5%の差でも槍の方がコンボは繋げやすいです。


ディレイについてですが当然棒の方が速いです。では、テスト鯖でテスト中のディレイ仕様変更が来たら槍と棒のディレイがどうなるか考えてみたいと思います。今までのディレイ仕様計算式の一部を抜き取るとステSで5減・ステHで1増・ステXで6減・装備Qで6減です。これがテスト鯖の仕様が韓国仕様と同じならステS6減・ステH2減・ステXで6減・装備Qで6減になります。8種類も書くのがだるいんでここからは215槍・棒 175槍・棒の4種の比較とします。あくまでディレイの話なんでここからは与ダメ計算は抜きです。

まずは自分のLv246シベのステで計算してみます。
テスト鯖のディレイ仕様でシミュレーションするキャラはステS201 H83 X236(自分の246シベのステ)
武器以外の装備Q15 武器は全てQ最低とします。疾風アビは槍のみ有りとします。
バーサク有りです。

215棒
紅龍=陣消し(陣消し=0.01s未満)・飛連=陣消し

215槍
紅龍=0.02s・飛連=0.04s

175棒
紅龍=陣消し・飛連=陣消し

175槍
紅龍=0.06s・飛連=0.11s

うーん215槍で陣消しがもう一歩のところですね。ステS211 H80 X236 装備Q21でシミュすると紅龍陣消し・飛連=0.01sまでいくので良ランダムとステ組次第ではLv245から250で槍でも紅龍陣消しができるかもしれません。ただし、装備Qをあげて陣消しにするとコンボがつながりにくくなるので痛し痒しです。それでも今回のシミューレーションで現仕様でもコンボの繋がらない場合の215棒よりコンボの繋がる215槍の方が火力が出ること・ディレイ仕様変更が来ると槍でも陣消し紅龍をうてる可能性があることがわかり槍シベ使いの私的にはすこし光明が見えた気がします。コンボさえつながるなら215or190槍で陣消し紅龍は化けると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

公開テスト鯖の仕様に関して

テスト鯖でLv51キャラを作り回避などを少し見てきました。
Lv51ではあまり確かなことはいえませんがステXAの取り方は現状維持か変わっても再振り無しでもどうにか行けそうかってくらいに感じました。

これに加えてしたらばなどでの他のヒトバシラーの報告を見て行くと
・狩りではやはり必要XAに大きな変化はなしって意見が多く見られます。
・物理キャラでの陣消しは楽になるって意見が多いです。
・シルバースカルを試した報告を見ると、必要Aに大きな変化なしって意見と必要Aが上がるって意見があります。
・魔キャラのステIによるクリ率上昇はあまり報告がなし。
・物理複合スキルの命中率が大幅に上がったと言う意見が少しあります。

さらにアプデ内容から推測される変化を考慮すると
・相手から受けるクリ魔法攻撃の減少にステAが役に立たなくなるので狩場での必要Aは大した変化がなくても、影塔のハゼエリアなどで物理キャラは凍結の状態異常にかかりまくる可能性があります。

と、以上をまとめると
・狩りでは今のステのまま仕様変更を迎えても回避に大きな問題はないように見えます。
・物理キャラが魔法MOBのいるMAPには行きにくくなる可能性は高いです。
・物理斬りキャラの陣消しが大幅に楽になるでしょう。
・魔法キャラのクリ発生率が上がり火力が上がる可能性が高いですが、ステIによる命中UPはないので若干命中が足りなくなる可能性があります。
・PKは回避性能据え置きって意見と下がるって意見が分かれてますので様子見ですね。ただ、物理複合スキルの命中が大幅に上がってるのでそのせいで回避が落ちたって感じてるんではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)